小説宝石 新人賞 選考委員はこの2人です!

  photo 恩田陸   photo 山本一力  
恩田陸(おんだりく) 山本一力(やまもといちりき)

1964年宮城県生まれ。早稲田大学卒。92年日本ファンタジーノベル大賞の最終候補作となった『六番目の小夜子』でデビュー。2005年『夜のピクニック』で第2回本屋大賞および第26回吉川英治文学賞新人賞、2006年、『ユージニア』で第59回日本推理作家協会賞、2007年『中庭の出来事』で第20回山本周五郎賞を受賞。最新刊は『消滅 VABISHING POINT』。現在、「ジャーロ」にて『梟の昼間』を連載中。

1948年高知市生まれ。東京都立世田谷高等学校電気科卒。旅行代理店、広告制作会社、コピーライター、航空会社関連の商社勤務などを経て、97年に『蒼龍』でオール讀読物新人賞を受賞。2002年に『あかね空』で第126回直木賞を受賞。2015年には第50回長谷川伸賞を受賞した。他の著書に『五二屋傳蔵』『つばき』『ジョン・マン』シリーズなど。「小説宝石」にて、『花だいこん』を連載予定。